休日とは?②(休日(法定休日)の特定)

(質問内容)
休日とはそもそもなんですか?日曜日は休日となるのでしょうか?国民の祝日には社員を必ず休ませないといけないのでしょうか?また、休日と休暇の違いってなんですか?休日に有給休暇取得の申請をし、その分の賃金を貰う事って可能ですか?休日である土曜日に出勤したら、割増が25%でした。休日出勤の割増は35%ではないのですか?

(回答)
<休日(法定休日)の特定>
労働基準法上では、休日を特定するよう義務付けてはおりません。よって必ず日曜日を休日として設定する必要はありません。また、例えば月の休日日数を10日とする旨だけ就業規則に記載し、実際にどの日を休日にするかはその月の前月中にシフト表により個別に提示する・・・といった運用方法も可能です。小売店などはこの方式をとっている場合が多いのではないでしょうか。ただし、この場合、法定休日と法定外休日の区別が分かりづらいという問題が生じてしまいます。その問題を解決する場合、以下の2つの案が考えられます。

① すべての休日出勤に対して、35%の割増賃金を支給する。
この方式は、業務の性質上、休日の特定が困難な為に休日出勤が頻繁に発生し、労務管理が追い付かず、やむを得ずこの方式を採用する場合が考えられます。また、大手企業など資力のある会社は、元々労基法の基準を上回るこの方式を採用している場合もあります。

② 週の始まりと終わりを就業規則に定めた上で、「毎週の休日のうち最後の1回の休日を法定休日とする」といった条文を規則に追加する。
例えば、月曜日が始まり、日曜日が終わりと定めた上で、ある週のシフトが、
   月(出)、火(休)、水(出)、木(出)、金(休)、土(出)、日(出)
であったとします。この週の最後の休日は金曜日ですので、仮に火曜日と金曜日の両方出勤した場合、法定休日労働日(35%割増賃金の発生日)は金曜日になります。
また、上記のシフトの週が、実際に以下のような出勤状態となった場合、
   月(7h)、火(8h)、水(7h)、木(7h)、金(5h)、土(7h)、日(7h)
法定休日出勤である金曜日の5h分が35%割増賃金となり、週の総労働時間は43hですので、3h分の25%割増賃金が発生することになるのです。

いずれにしても、割増賃金の算定で混乱が生じることを防ぐためにも、適正な割増賃金を労働者に支給するためにも、休日及び法定休日の特定は望ましいと考えられます。(通達も出ています。平6.1.4基発1号・平11.3.31基発168号)

※「休日である土曜日に出勤したら割増が25%でした」という質問は、その土曜日が法定外休日であったということになります。

※「国民の祝日には社員を必ず休ませないといけないのでしょうか?」という質問に対しての答えは「No!」です。就業規則や雇用契約書上に国民の祝日を休日とする旨の記載がなければ、労働基準法上国民の祝日を休日にしなければならない義務は生じません。(但し、休日にすることが望ましいという通達は出ています。昭41.7.14基発739号)

休日とは?③に続きます。

こちらも是非ご覧ください!(台東区・河原社会保険労務士事務所・河原給与計算センター)

以上
  



Calendar
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
search this site.
tags
archives
others
admin